BBD

「昨日の自分に教えたいこと」をテーマに書き散らしてます

A7カードケースとコピー用紙で「保存するメモ帳」を自作してみた

スマホ依存症を手放すために、最近ではデジタルではなく紙のノートにメモするようにしています。そこで気になっていたのが、abrAsusの「保存するメモ帳」なんですが、入荷が2ヶ月も先で、値段も高価なので自作することにしました。

用意するのは100均で買える2アイテムだけなので、非常に低コストかつ使いやすいメモ帳を実現することができます。

保存するメモ帳が気になる

nogunori.hatenablog.com

少し前にカリスマホストのROLANDの本について記事を書きましたが、彼のYouTube動画のなかで、abrAsusの「保存するメモ帳」っていうアイテムを愛用していることが紹介されていました。

A4用紙を3回折ってA7サイズにして、それを挟んでメモ帳として使えるというものです。

「あ、これめっちゃいいな」と思って早速注文しようとしたんですが、現在売り切れて次回入荷が2ヶ月以上先。しかもかなりいい値段する商品で6000円近い出費を覚悟しないといけません。

「これはちょっと高すぎるかも…」と思い、自作してみることにしたんです。

A7カードケースで自作してみた

自作といっても、ごく簡単な工作みたいなものなので手軽に試してもらえるはず。完成イメージは以下のような感じです。

用意するもの

用意するのは、100均でも売られているA7サイズの硬質カードケースと、A4のコピー用紙です。

[asin:B0012R30G6:detail]

AmazonにもA7のカードケースは売られていますが、ちょっと割高なので100円ショップで買うのがおすすめ。

こんな感じのパッケージで売られています。

なぜA7サイズなのかといえば、A4のコピー用紙を3回折ると、ちょうどこのサイズになるからですね。A4を半分に折るとA5、もう一度半分に折るとA6、もう一度折ってA7サイズですね。

大きめのメモ帳がいいって場合には、A6サイズのカードケースを選んでもいいかもしれません。

コピー用紙の折り方がポイント

今回のメモ帳で使う際には、A4のコピー用紙を画像のように縦長に折ります。それから1回2回と半分に折ると、ジャバラ状にコピー用紙を折りたたむことができます。

この折りたたんだコピー用紙の端っこ1枚をカードケースに入れて、残りをパタパタと折っていきます。

すると、A7サイズ3枚分のスペースを自由に使えるメモ帳になるんですね。収納して持ち運ぶ際には、端っこ1枚ではなく3枚分カードケースに収納すると、折り目やシワがつきづらくなります。

すべて100均でOK!下敷きがあって使いやすさも○

今回自作したメモ帳なら、カードケースとコピー用紙、2アイテムを100円ショップでそろえればいいだけなので、かかったコストは200円。むしろコピー用紙はすでに持っている人も多いでしょうから、実質100円で完成します。

加えて、硬質カードケースを入れ物にしているため、メモを取る際には硬いカードケースが下敷きの役割を果たしてくれます。机がないところでも書きやすいでしょう。

さらにメモ帳本体が非常に薄いので、ボールペンはクリップで挟んで引っかけておくこともできます。汚れたらすぐ交換できて、コピー用紙の入れ方を工夫すると多少のカスタムも可能。

少しチープな印象はあるかもしれませんが、「保存するメモ帳」をもっと安く実現できないか考えている方は、ぜひ試してみてください。