BBD

「昨日の自分に教えたいこと」をテーマに書き散らしてます

「紙の本が出てるか」を条件に!KindleUnlimitedで読むべき本の見分け方

f:id:rough-maker-an9:20191022113930j:plain

玉石混交のKindleUnlimited

nogunori.hatenablog.com

少し前に私は、何年か続けてきたAmazonプライムを退会しました。お急ぎ便とかAmazonビデオとかが使えるAmazonプライムの解約はすでに完了したものの、Kindleの電子書籍が読み放題になる「KindleUnlimited」は、今でも続けています。

やっぱり月980円で対象のKindle本が読み放題ってのは、大きな魅力ですからね。ただ、KindleUnlimitedの悩ましいところは書籍の質がバラバラだってことです。

KindleUnlimitedの対象本には、素人の個人が書いた本も含まれていて、そういう本を間違って読み始めてしまうと時間の無駄に感じることも出てきます。

一方でちゃんとした著者と出版社を通しているものもあるので、いい本を選ぶのが意外と大変だったりするんですよね。

「紙の本が出てるか」を判断基準に

そこで私がKindleUnlimitedで読む本を決める基準として、「紙の本が出てるか」をチェックしています。AmazonでKindle本の商品ページを見てみると、同じところに紙の本の値段が出てくる場合があります。

f:id:rough-maker-an9:20191022113547j:plain

こんな感じですね。

ここに紙の本の価格が出てこない、つまり電子書籍でしか出していない本っていうのは、私は原則として買わないようにしています。そのほうが、より質の高い本に出会える可能性が高まるからです。

電子書籍オンリーの本を避けて読んでみよう

俺か、俺以外か。 ローランドという生き方

俺か、俺以外か。 ローランドという生き方

もちろん、電子書籍だけで出している本の中にも、良書や役に立つ本もあるでしょう。しかし、電子書籍だけで出しているものは紙の本と併売しているものに比べて数が多く、質の高いものを探すのに手間がかかります。

それなら、「紙の本が出てるか」って判断基準を使って読む本を選別したほうが早いよね、というわけです。

KindleUnlimitedで良書と出会いたいと考えている人、あるいは個人出版の本を避けて読みたいと考えている人は、こんなやり方も参考にしてみてはいかがでしょうか〜。