BBD

「昨日の自分に教えたいこと」をテーマに書き散らしてます

やっぱりシザー式→バタフライ式のMacBook Proを買い直しました

f:id:rough-maker-an9:20200628155946j:plain

2020年3月に発売された、MacBook Airを購入していた私。

このモデルの最大の変更点は、キーボードがバタフライ式からシザー式に変わったところだと思います。

でも、私にとってはバタフライ式キーボードのほうが打ちやすいので、1つ前のMacBook Proを買い直したぞって話です。

シザー式キーボードが打ちづらい!

このブログでも何度か書いてきましたが、私がMacBookを使い始めたのは2015年発売の12インチMacBookが最初。

このモデルは、私が好きなバタフライキーボードがはじめて搭載されたMacBookになります。

nogunori.hatenablog.com

nogunori.hatenablog.com

それ以来、15インチMacBook Proとか2017年発売の12インチMacBookとかを使ってきて、ひたすら毎日バタフライキーボードで執筆を続けてきました。

2020年のラインナップからはバタフライ式が消滅

そしてつい最近購入したのが、2020年3月発売のMacBook Air。バタフライキーボードから、シザーキーボードへの変更が大きなアップデートでした。

「まあ、同じAppleのキーボードだし、そのうち慣れるだろう」と思いつつしばらく使っていたんですけども、指が痛くなったり誤入力が増えたりして、タイピングに大きなストレスを抱えるようになったんです。

少し前まで使っていた2017年発売の12インチMacBookを引っ張り出してきて、わざわざ低スペックのマシンを使っていたほどでした。

外付けのMagic Keyboardを使ってみた

とはいえ、せっかく買ったんだしMacBook Airを処分してしまうのももったいないよねってことで、外付けのMagic Keyboardを購入してみることにしました。

nogunori.hatenablog.com

MacBook Airのシザーキーボードを使うのではなくて、外付けMagic Keyboardのシザーキーボードを試してみよう、と。

これが案外悪くない。

若干反発力が小さくて、打ちやすい?

なんとなーくの感覚ですが、MacBook Airのキーボードよりも外付けMagic Keyboardのほうが、反発力が小さいような気がするんです。

おかげで打った感じがバタフライキーボードに寄っていて、比較的ストレスなくタイピングすることができたんですね。

nogunori.hatenablog.com

PCスタンドを使って目線を高くしたおかげで、集中力もアップしたような気がしますし。

ミニマリスト的には、MacBookだけにしたい

ただ、ミニマリスト的にはデスクの上に

  • MacBook Air
  • PCスタンド
  • Magic Keyboard
  • Magic Trackpad
  • Crispy Backboard Pro 2020(キーボードスタンド)

これらのアイテムが載ってるってのは、あんまり心地よくないなーと思っていたところでした。

可能であれば、やっぱりバタフライキーボードを搭載しているMacBookを使いたい…。

そんな思いがあって、Apple公式サイトから「整備済製品&旧モデル新品」のページをチェックしていたものでした。

旧モデルMacBook Pro(2019/7)がセールだったので即ポチ

www.kobonemi.com

そんな折に、Amazonで一世代前のMacBook Proがセール対象になっていることが判明。

一世代前ってことは、2019年7月または5月発売のモデルで、当然キーボードはバタフライ式。

「これを逃す手はない!」と思って、即注文してきました。

んで、早くも2019年7月発売モデルの13インチMacBook Proが届いて、バタフライキーボードでこの記事を書いています。

新型のバタフライキーボードを開発中って報道を信じて、今後数年間はMacBook Proのバタフライキーボードを使っていこうと思ったのでした。