BBD

「昨日の自分に教えたいこと」をテーマに書き散らしてます

「TIME TIMER」を在宅仕事に使ってみたら、30分の仕事が20分で終わった

f:id:rough-maker-an9:20200827204618j:plain

半年くらい前からずっと気になっていた「TIME TIMER」という商品を購入しました。

7000円というお値段のシンプルなタイマーなんですけど、これのおかげで日々の仕事の生産性が上がったぞって話です。

TIME TIMERで30分の仕事が20分に

TIME TIMERっていうのは、こんな感じのシンプルなタイマーで「残り時間」を直感的に意識しやすいのが特徴です。

タイマーの中心のツマミを回して30分に設定すると、赤いフィルムが扇のように広がって、ちょうど半円の形になる。

そして時間が経つごとに赤いフィルムの面積が小さくなっていき、「時間がどんどん減っていく」という感覚を思い出させてくれるというアイテムです。

きっと小学校低学年クラスの時計の授業とかに便利なアイテムなんでしょうけど、私のように在宅で働く大人が、仕事の生産性アップに使っても役立つなーと実感しました。

というのも、これまでは1記事書くのに30分かかっていた仕事が、TIME TIMERで時間を意識するようになった結果、20分で書き上げられるようになったから。

ブログを書くときとか、ネタ探しのときにもTIME TIMERをセットして時間を意識するようになったので、1日通しても仕事の生産性は跳ね上がっているなと実感します。

視覚的に残り時間を意識できるのが強み

TIME TIMERの最大の強みは、「残り時間が減っている」ことを思い出させてくれる点でしょう。

もちろん普通のデジタルなタイマーでも、数字のカウントダウンで時間の感覚を掴むことは可能。

でも、TIME TIMERの場合は赤いフィルムの面積が変化するので、めちゃくちゃ直感的に理解できるんですよね。

普通のキッチンタイマーとかスマホの時計アプリを使うよりも、タイマーから受けるインパクトが全然違いますから。

タイマーに7000円出すのはキツいかも

ただ、TIME TIMERは強気なお値段が最大のデメリットです。

8センチの一番小さいサイズでも3000円以上しますし、私が購入したハンドル付きのタイプ(60分)は7000円以上。

あれば確実に生産性は上がると断言できるんですけど、人にはなかなかすすめづらいですねー。

iOSアプリもあるんで、まずはアプリ版から試してみるのがいいかも?

Time Timer PLUS® | 60 Minute Timer | Time Timer

私の買ったモデルは米国では40ドルで売っているみたいなので、輸入したらもうちょっと安くなるでしょう。

それでも4000円以上のタイマーってことになります。本が3〜4冊買えるタイマーかあ…。

在宅勤務の生産性をあげたくて、お金も惜しまないって人なら、TIME TIMERはめちゃくちゃおすすめです!