BBD

「昨日の自分に教えたいこと」をテーマに書き散らしてます

ものぐさ飼い主には首輪一体型リード「ルカリード(EZYDOG)」がおすすめ

f:id:rough-maker-an9:20201029234750p:plain
画像:https://www.amazon.co.jp/dp/B06XXKWYZB

私と同じように犬を飼っている人なら、毎日1〜2回、外に散歩へ行っていると思います。

散歩に行くときに欠かせないのが、首輪(またはハーネス)とリードですよね。

でも、1年も愛犬と毎日散歩に行っていると、だんだん「首輪とリードつけるの、めんどくさいな」と感じるようになってきます。

そこで我が家では、EZYDOGというブランドの「ルカリード」を、首輪一体型リードとして使い始めたぞって話です。

ハーネスとリードって、めんどくさくないですか?

f:id:rough-maker-an9:20201029232331j:plain
ハーネスとリードで散歩。装着がめんどくさい

我が家の愛犬はずっとハーネスや首輪が嫌いなタイプで、散歩に行く前の準備も大変。

ハーネスをつけようとする飼い主と、逃げ回る愛犬。最終的には押さえつけながらハーネスをつけて、散歩に連れ出す…。

そんなやりとりが当たり前だったもんで、飼い主の心理的にはかなり散歩が重労働だったんですね。

世の中には自分からハーネスやリードを持ってくるワンちゃんもいるようですが、うちの愛犬はそんな仕草を一切見せず。

そんなわけで、散歩の準備を簡略化するために、首輪一体型リードというものを試してみたんです。

首輪一体型リードなら、最短で散歩に行けた

f:id:rough-maker-an9:20201029232528j:plain
首輪一体型リードで散歩

その結果、散歩の準備がめちゃくちゃ簡単になりました。

これまでは、最低でも次の3ステップが必要でした。

  1. ハーネスを被せる
  2. ハーネスを留める
  3. Dカンにフックをかけて、リードを繋げる

でも今では、

  1. リードの輪っかに首を通してあげる

という1ステップで準備が完了。

リードで遊んだり噛んだりしようとするクセは健在ですが、飼い主の負荷がめちゃくちゃ軽くなったんです。

強度抜群で安心な、ルカリードがおすすめ

私が使っているのは、子犬の頃からずっと愛用してきたEZYDOGというブランドの首輪一体型リード。

「ルカリード」というかわいい名前になっています。

5000円近くするだけあって作りが頑丈で、登山用ロープを使用しているのもうれしいところ。

普通のリードよりも若干長めなのと、チョークリードとしてしつけ用に使えるメリットもあります。

とにかく着脱が簡単で、散歩前の準備がめちゃくちゃ楽になりますんで、リードの買い替え候補として検討してみてはいかがでしょうかー。