BBD

「昨日の自分に教えたいこと」をテーマに書き散らしてます

Netflixを再契約。ストレス解消の必要経費と割り切ることにした

f:id:rough-maker-an9:20190329104034j:plain

ここ数日で契約するかどうかすんごく悩んでいるサブスクリプションがありました。それは、Netflix。映画見放題のサブスクリプションに申し込もうか、ずっと悩んでいたんですね。

勉強とかブログ執筆に役立つサブスクリプションならこんなに悩まないんですが、Netflixの場合は遊びにお金を使うようなもんなので、非常に悩ましかったんです。しかし結局、映画鑑賞が自分にとってのストレス解消になるので必要経費と割り切って1200円支払うことにしたぞって話です。

節約のためにNetflixを解約してた

nogunori.hatenablog.com

Netflixはいいぞ!って記事を過去に書いたことがありましたが、この記事を書いて以降はNetflixを継続せず、解約していました。近年の値上げ傾向もあって、遊びのために毎月1000円〜を払うのは痛いなと思っていたからです。

とはいえ、何でもかんでも節約しようって考えているわけではなくって、たとえば電子書籍が読み放題になるKindle Unlimitedなんかは、一瞬も悩むことなく契約したものです。

nogunori.hatenablog.com

読書を通じて知識を得れば、仕事にもつながるしブログ記事のネタにもなるって考えているからです。さらに「経費化」もできますしね。

しかし完全にプライベート用として使うNetflixは、経費にできず、自腹で支払うことになります。月500円くらいなら自腹で払ってもいいけど、1000円以上となるとちょっと…みたいな印象だったんですね。

ストレス解消の手段として映画鑑賞がベストかも

しかしNetflixを使わずに過ごしてしばらく経った最近、「映画鑑賞が自分にとって最高のストレス解消法なのかも」と思い始めます。

個人的には昔から洋画が大好きで、特にアクションものにはどハマりしていた時期もあったほどでした。そんな経験があるからなのか、2時間くらいの映画に没頭している時が、もっともストレス解消に貢献しているなと実感するところでして。

読書や漫画に集中するのも悪くないし、運動したり日記を書くのもストレス発散になるけれど、映画に没頭する時間には敵わないな、と。

必要経費と割り切って、月1200円支払うことに

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方

そういうわけで、確定申告で経費に認めてもらうのは難しいでしょうが、個人的な必要経費として、ストレス解消のためにNetflixを再契約しようと踏み切ったわけです。

ストレス解消といってもさまざまな方法がありますが、一人ひとり最適な方法は違うはず。私の場合は映画鑑賞っぽいですが、人によっては友達と喋ることだったり、ドライブに行くことだったりすることでしょう。

どの方法が一番ストレス解消効果が高いのか?って視点を持って行動するようにすると、仕事の生産性も遊びの生産性も上がって、幸せな人生を送れるようになるんじゃないでしょうかー。