BBD

「昨日の自分に教えたいこと」をテーマに書き散らしてます

ROLANDが語る「人を魅力的にさせる最も大切なツール」とは

f:id:rough-maker-an9:20190830111435j:plain

ホスト界の帝王ROLANDは、著書の中で「人を魅力的にさせる最も大切なツール」について紹介しています。そのアドバイスを参考にして、魅力ある人物になろうよって話です。

自信こそ人を魅力的にするツールだ

人は誰でも、周囲に魅力的な人物だと思われたい生き物です。「あの人はみっともないよね」と後ろ指を指されるよりも、「あの人って立派だし魅力的だよね」といわれるほうがうれしいのは私だけではないはず。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

まあ『嫌われる勇気』のアドラー心理学的な立ち位置から考えれば、他人にどう見られるかを気にすることなく、たとえ他者に嫌われようとも自分らしく生きることが大切なんですけども。

まだ嫌われる勇気が持てないって人は、このROLANDのアドバイスを参考にするといいかもしれません。

人を魅力的にさせる最も大切なツール。それは自信だと思っている。

俺か、俺以外か。 ローランドという生き方

俺か、俺以外か。 ローランドという生き方

「でも、自分に自信なんて持てない…」

自信が人を魅力的にさせる…。いわれてみれば納得できる話です。私たちが「魅力的だなあ」と思う人たちは、みんな自分に自信を持って堂々としているイメージがありますよね。

しかしいきなり自信を持てといわれても、ロボットのように自信機能をアップデートできるわけではありません。そんな人はどうしたらいいのかといえば、「まず自信があるフリをする」ことをROLANDは提案しています。

いつもアドバイスするのは、 自信のあるフリでいい。自信のあるフリを頑張ってやってごらん、と。

自分に自信が持てなくても、まずは自信満々な人を演じてみる。するといつしか堂々とした人になることができて、人としての魅力もアップするというわけです。

自信を手にするための5ステップ

ROLANDの著書『俺か、俺以外か。』では、自信を持つための具体的なステップも紹介されています。まずは自信を持てない自分を受け入れて、自信ある人のフリをしていきます。

・まず受け入れる
・そのうえでどうしたら自信があるように見せられるかに視点を変える
・背筋を伸ばしてみる
・ゆっくりとしゃべってみる
・声のトーンを落としてみる

しっかりとしたスーツを着て髪型も整えて、身なりを良くすることも自信を持つことにつながりそうです。胸を張ってまっすぐ前を見つめながら歩くとか、堂々とした人を演じるのは難しいことではないでしょう。

私もROLANDの考え方を見習って、魅力的な人物になる努力をしようと思ったのでした。