BBD

「昨日の自分に教えたいこと」をテーマに書き散らしてます

「10人に1人がAIスピーカーを持っている」らしい。その用途って??

f:id:rough-maker-an9:20190204074226j:plain

Amazon EchoやGoogle Homeといったスマートスピーカーって、これまでに1度も欲しいと思ったことがなくて、使っている人はどんな用途で活用してるのかなと思っていたりします。

しかし世の中には結構な割合でスマートスピーカーを使っている人がいるようで、10人に1人はスマートスピーカーを使っているって調査を目にした時にびっくりしました。実際に使ってみるとまた便利な使い方を見出せるのかなあと思った話です。

AIスピーカー10%の所有率とJustSystemsがレポート

marketing-rc.com

JustSystemsの調査によれば、スマートスピーカーっていう存在を認知している人は、全体で82.1%にのぼるとされています。最近ではAmazon EchoやGoogle HomeもCMを打っているようなので、これは納得できる数字ですね。

さらに注目なのが、スマートスピーカーを所有している人が9.8%に達するって点です。ほぼ1割の人が、すでにスマートスピーカーを持っているってことですね。

私の周辺では、こうしたスマートスピーカーを買ったよ!って人がまったくいないものですから(単に人間関係が狭いってだけかもだけど)、そんなに所有率が高いのか〜とびっくりしたんですよね。

個人的に使い道が思い浮かばない件

びっくりした理由はもう1つ。個人的には「スマートスピーカーって何に使うの?」という考えでして、極端に言えば「お金のムダ遣いじゃない?」と思っていることがあげられます。

音楽を聴くならパソコンやスマホで十分だと思うし、天気予報やスケジュールを管理するのもパソコンでやったほうが効率的だよね?と。

唯一魅力的かもって感じるのは、赤外線操作でエアコンとか照明のスイッチを切り替えられるって点でしょうか。まあまあ便利なんでしょうけど、従来のリモコンと存在価値はそんなに変わらないよねーと思ったり。

実際に使ってみたら変わるのかも?

個人的には、毛嫌いしていたMacを使ってみたらWindowsを使いたくないって思うようになったり、AndroidスマホからiPhoneに乗り換えたらiPhoneにしか機種変しなくなったりと、「使ってみたらもう手放せない!」ってなった経験がたくあんあります。

そんな前例を考えるとスマートスピーカーも、いったん使ってみたら手放せない存在になるのかも…と少し期待していたりもします。

まだまだ発展途上といえるスマートスピーカーですが、ブログのネタ集めのためにも、試しに購入してみようかな〜と思ったのでした。