BBD

「昨日の自分に教えたいこと」をテーマに書き散らしてます

SoftBank回線を使った無制限レンタルルーター&SIMサービスまとめ

f:id:rough-maker-an9:20180419093721j:plain

FUJI Wifiや民泊Wifi、NOZOMI Wifiといえば「通信無制限」をうたうレンタルルーターサービスです。そのどれもがSoftBank回線を使っており、格安SIMやWiMAXなどとは比べものにならないほど安定した高速回線を使えるのが魅力です。

こうした通信無制限のレンタルルーター&レンタルSIMサービスが最近増えてきたようなので、自分用にまとめてみました。

SPONSOR LINK

1.FUJI Wifi

www.biz.fuji-wifi.jp

  • 月額:6000円(税抜)
  • 特徴:月額2980円でWiMAXがレンタルできるサービスも。

FUJI Wifiは、当初3000円台で通信無制限のLTE回線が使えるサービスとされていましたが、徐々に無制限プランが値上げされ、いまでは6000円台になってしまいました。FUJI Wifiのサービス開始直後に契約した初期組がうらやましいですね。

FUJI Wifiの大きな特徴は、WiMAXのレンタルが月額2980円で利用できるって点でしょう。auのLTE回線を使えるハイスピードプラスエリアオプションが無料でついて、2年縛りも3年縛りもなし。

GMOとくとくBBなんかがWiMAXの優良プロバイダとして取り上げられることも多いですが、FUJI Wifiを使えばさらに安く・縛りなしでWiMAXが使い放題になります。私はBIGLOBEでWiMAXを申し込んでしまったばかりでして、もっと早くFUJI Wifiの存在を知っていたらなあ…と思ったものです。

2.NOZOMI Wifi

nozomi-wifi.net

  • 月額:5980円(税抜)
  • 特徴:クラウド上でSIMの入れ替えをおこなうクラウドSIM

NOZOMI Wifiの無制限プランは、GlocalMe U2という海外旅行者向けの端末を使っているのが特徴的。実際どんな仕様になっているのかはわかりませんが、クラウド上でSIMを入れ替えて通信無制限を実現する「クラウドSIM」なるものを使っているそうな。

ただ、GlocalMe U2って端末は、5Ghz帯に対応していなかったり、USB通信ができなかったりと、国内で使うモバイルルーターとしては機能不足な感じがします。

3.w/Wifi(ウィズワイファイ)

with-wifi.jp

  • 月額:5555円(税抜)
  • 特徴:ルーターではなくSIMのみのレンタルが可能

w/Wifiは「ウィズワイファイ」と読みます。通信無制限サービスのなかでは唯一、SIMのみのレンタルに対応してくれています。手持ちのスマホにSIMをさしたり、余っているモバイルルーターにさしたりすれば、ルーターのレンタルなしで無制限プランを使えます。

ただ、iOS向けにはテザリングNGとなっているっぽい。iPhone + w/Wifiは相性が悪いといえますので、パソコンへのテザリングを考えるなら、Androidスマホかモバイルルーターを使用すべし。

4.SAKURA Wifi

www.sakura-wifi.com

  • 価格:3680円(税抜)
  • 特徴:100GBの制限ありという情報も。HPのつくりが甘い

SAKURA Wifiは、月3680円で無制限プランが使える格安の料金設定が特徴です。…が、利用者の口コミをみていると100GBほどで通信制限が入っているっぽい。100GBで3680円なら、他社のサービスと比べても高くもなく安くもなくって価格設定ですよね。

個人的にはHPのつくりも甘くて「詐欺サイト?」って感想さえ抱いてしまいます。

5.GWifi

broadline-jp.com

  • 価格:3980円(税抜)※100GBプラン
  • 特徴:海外もOK。必要になったタイミングで30日ごとに利用できる

GWifiは正確には無制限プランは用意されておらず、最大で100GBプランです。なのでここで紹介するのはちょっとおかしいかなと思ったんですが、便利で特徴的なポイントがあるのでいっしょにまとめておきます。

それは、1ヶ月単位でデータプランを申し込めることです。たとえば、1月は100GBプランを申し込んで、2月はプランを申し込まず、3月になってからまた100GBプランを申し込む、ってことが可能なんです。このとき2月の利用料はもちろん0円。

必要なときに30日だけ有効な100GBを購入できるサービスって考えれば、非常に使い勝手が良好かと。ただし、最初に2万円の端末を購入しないといけないのと、通信速度は出るがつながらないことが多々あるという品質の低さがネックだったりします。

6.SoftBank Air

  • 価格:5,370円(税抜)※レンタル利用
  • 特徴:据え置き型。夜8時以降の通信制限はあるが、WiMAXよりは早い

SoftBank Airもれっきとした無制限レンタルルーターサービスですね。SoftBankが公式に取り扱ってるので、会社名もよくわからない他社のサービスを使うよりは安心感があるかもしれません。

私は以前SoftBank Airを使ったことがありますので、その感想も合わせて紹介しますと、料金は高めだが夜8時以降も通信は高速でした。夜8時〜翌1時までは通信制限がかかる仕様なんですが、それでもWiMAXの通信制限(1Mbps以下)よりは高速です。

ただ、コンセントがある場所でないと使えず、外に持ち運ぶことができないのがネックですね。回線品質はWiMAXよりSoftBank Airの方が良好って印象ではあるんですが、持ち運びできるネット回線がほしいと思い、私はWiMAXへ乗り換えたのでした。

7.民泊レンタルWifi

民泊レンタルWi-Fi™ - 民泊・Airbnbに最適なWi-Fiルーター

  • 価格:4500円(税抜)
  • 特徴:50GB程度の通信制限あり?対応が非常に不親切

民泊レンタルWifiも、過去に私が使ったのことのあるサービスです。月額4500円で、私が使っていた頃は100GBを超えても通信制限がかからず、重宝したものでした。ですが、最近の口コミをみてみると50GBで通信制限がかかる例もある様子。

また、私が解約しようとした際には、何度も「引き落とし失敗」「警告!」みたいなメールが届き、非常に不愉快な経験もしました。公式サイトの表記が誤字脱字ばかりだった時期もあり、まったく信用できないサービス元かと。

割高で通信制限もあり、サポートの対応も雑ですんで、こちらは利用しないことをおすすめします。

8.Spacee Wifi(※)

www.spacee.jp

  • 価格:2640円(税抜)
  • 特徴:激安で無制限プランが利用可能…か?HPの表記がコロコロ変わる

Spacee Wifiは、1ヶ月目5260円、2ヶ月以降2640円という低価格をうたった無制限プランを発表し、FUJI Wifiの初期よりも安いプランとして注目を集めました。2018年4月7日から申し込み受付開始となっており、それ以前から事前受付されていました。

私も事前受付に申し込んでみたんですが、当の4月7日になってもサービスが開始されず、HPの1ヶ月目5260円、2ヶ月以降2640円という表記は「会員限定特別価格」に差し替わってしまいました。

おそらく、回線元のSoftBankから指導が入ったんじゃないかなあと予測しております。記事執筆時点では、事前受付のリンクさえ「※現在お申し込み多数のため、 受け付けを一時中止しております。」の表記に差し替わっていました。

無事サービスを開始できるかどうかも怪しくなってきましたね。今後もモニタリングしてみるつもりです。

まとめ

ちなみに、私の現在のネット環境は、

  • BIGLOBE WiMAX
  • SoftBank契約のギガモンスター(20GB)
  • 楽天モバイルスーパーホーダイ

の3つ。なんだかんだで通信無制限サービスとして信頼できるWiMAXをメインに、夜間の通信制限がかかるタイミングではSoftBank契約のギガモンスターでカバー。やっぱりキャリアのLTE回線は、応答速度も通信速度も桁違いに良好ですからね。

キャリア参入が決定している楽天モバイルのスーパーホーダイは、12時と18時台以外1Mbpsの速度が使い放題なんで、低〜中画質の動画や野球中継を流しっぱなしにするのに使ったりしています。

固定回線並みとはいわずとも、せめてキャリア回線くらいの速度が出る通信無制限プランが登場してくれたら、真っ先にその回線に1本化できるんですけどね…。もう何年かはこうしてモバイル回線にどれを使おうか迷うことでしょう。